j-stage 日揮

j-stage 日揮、安藤建設が「Oracle NeO」を活用して会計システムを刷新 :

2007年2月14日安藤建設株式会社日揮情報システム株式会社日本オラクル株式会社富士通株式会社―営業、建設現場とバックオフィスを連携したシステムにより業務改革を実現―安藤建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田恒太郎、以下、安藤建設)と日揮情報システム株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:岩本紘武、以下、J-SYS)、日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:。

 ギャラクシー社は、土木中心の積算、原価管理、工事実績・技術者情報管理、機材管理、建設工程等のパッケージを展開している。今回の提携により、日揮情報、ギャラクシー、コアは、3社の商品を組み合わせ、顧客のニーズに対応していくとしている。原価管理に関しては、ギャラクシー、コアの両社はパッケージを保有しているが、今後はコアの「BEStPRO-原価」に一本化していくという。 。

「Oracle Accelerate」とは、 同社パートナーが「Oracle Applications」の短期導入ソリューションを開発できるようにするためのプログラムで、このプログラムを活用することによりOracle Accelerateソリューションの開発や市場投入が可能となる。6つの新ソリューションは、新日鉄ソリューションズ、ジェクシードコンサルティング、日揮情報システム、Y.C.O.の各社に。

A 30-minute ferry ride from the city of Takehara in Hiroshima, the Osaki CoolGen Project construction site lies on the scenic Inland Sea island of Osakikamijima, where local produce includes lemons, t。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄)は、オラクルの業務アプリケーション製品群「Oracle Applications」の中堅企業向け短期導入ソリューションをパートナーが新たに6つ開発し、このたび提供開始することを発表します。 このたび新しく提供する「Oracle Applications」の中堅企業向けソリューションは、「Oracle Acc。

 第5期科学技術基本計画において「超スマート社会(Society 5.0)」が提唱され,現在,産学を中心にさまざまな研究開発が進められている.そして,システム・情報部門における「スマーターワールドの実現を目指す新たなシステムズアプローチ調査研究会」では,新たなシステムズアプローチについて部門横断的な調査・研究が進められており,超スマート社会を構成するさまざまな異種の社会システムを抽象的なレベルでの。

 東亜建設工業は、建設業向け統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「J+ComFITs」と財務会計システム「Biz∫会計」でシステムを刷新する。日揮情報システム(J-SYS)が2月26日に発表した。新システムは2015年4月から稼働する予定となっている。 東亜建設工業で稼働している現行の基幹システムは2003年から稼働しており、10年以上が経過している。現行システムは、会計パッケージを中核に建設。

 日揮の100%子会社である日揮情報システムは2008年11月から,工事進行基準のルールを盛り込んだ予算管理ソフト「J+Project会計」の試験提供を開始する。ターゲット企業は,SI会社や建設会社,広告代理店など,請負型のプロジェクト案件を手がける中堅・中小企業。SI会社では売上高30億~数百億円程度を想定している。正式出荷はドキュメント類がそろう2009年1月の予定で,ライセンス価格は最小構。

ご指定のページは、平成30年4月の石油・天然ガス資源情報サイトリニューアルに伴いURL変更、または掲載期間が終了している場合があります。お手数ですが、トップページまたは、ページ下部のサイトマップからのアクセスをお願いいたします。ホームページに関するご意見・ご感想、ご質問、用語辞典に関するご質問・ご依頼などございましたら、メールまたはフォームよりお問い合わせください。お寄せいただきましたご意見等に関。

1 理事および技術理事の異動 (7 月 1 日付 ) 当社の理事および技術理事の異動をお知らせいたします 理事 就任 退任 氏名遠藤毅飯田十三野平啓二下大田隆弘藤田昭矢野宏明 役職名等 経営統括本部広報 IR 部長 法務 コンプライアンス統括室法務部長 オイル & ガス統括本部プロジェクトマネジメント本部プロジェクト部オイル & ガス統括本部アジア オセアニア事業本部イクシス事業部長 技術理事 就。

「海と産業革新コンベンション(うみコン2020)」は大盛況のうちに閉幕しました! ホイール名 SCHNEIDER SQ27シュナイダー SQ27 サイズ 17インチ 7.0J 5H P.C.D 114.3 インセット 38/48/5517インチ 7.0J 5H P.C.D 100 インセット 50■付属品 センターキャップ/エアバルブ カラー 。

ホイール名 Exceeder E03エクシーダー E03 サイズ 16インチ 6.5J 5H P.C.D 114.3 インセット 38/48/5316インチ 6.5J 5H P.C.D 100 インセット 4816インチ 6.5J 5H P.C.D 114.3 インセット 36【トヨタ純正アルミホイール専用】■付属品 センターキャップ・エアバルブ 。

「クレジットモニターシステム」の特徴1.必要情報の自動収集・取引先の財務情報、企業情報、最新ニュース2.業務を想定したユーザーインターフェース・収集した情報をダッシュボード形式で表示し、グラフや一覧で可視化して情報を展開することにより企業分析がし易いシステムを提供します。・取引先の財務や、成長戦略に関わる情報を見たい分類で照会可能です。・同業企業間での財務比較が可能です。*Tableau(タブロー。

「Oracle Accelerate」とは、 同社パートナーが「Oracle Applications」の短期導入ソリューションを開発できるようにするためのプログラムで、このプログラムを活用することによりOracle Accelerateソリューションの開発や市場投入が可能となる。6つの新ソリューションは、新日鉄ソリューションズ、ジェクシードコンサルティング、日揮情報システム、Y.C.O.の各社に。

 ギャラクシー社は、土木中心の積算、原価管理、工事実績・技術者情報管理、機材管理、建設工程等のパッケージを展開している。今回の提携により、日揮情報、ギャラクシー、コアは、3社の商品を組み合わせ、顧客のニーズに対応していくとしている。原価管理に関しては、ギャラクシー、コアの両社はパッケージを保有しているが、今後はコアの「BEStPRO-原価」に一本化していくという。 。

A 30-minute ferry ride from the city of Takehara in Hiroshima, the Osaki CoolGen Project construction site lies on the scenic Inland Sea island of Osakikamijima, where local produce includes lemons, t。

As upstream process design and procurement functions reach their peak, preparations are made for a smooth launch of construction work at the site. Sometimes existing rivers or ponds are relocated whil。

 第5期科学技術基本計画において「超スマート社会(Society 5.0)」が提唱され,現在,産学を中心にさまざまな研究開発が進められている.そして,システム・情報部門における「スマーターワールドの実現を目指す新たなシステムズアプローチ調査研究会」では,新たなシステムズアプローチについて部門横断的な調査・研究が進められており,超スマート社会を構成するさまざまな異種の社会システムを抽象的なレベルでの。

 東亜建設工業は、建設業向け統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「J+ComFITs」と財務会計システム「Biz∫会計」でシステムを刷新する。日揮情報システム(J-SYS)が2月26日に発表した。新システムは2015年4月から稼働する予定となっている。 東亜建設工業で稼働している現行の基幹システムは2003年から稼働しており、10年以上が経過している。現行システムは、会計パッケージを中核に建設。

 日揮の100%子会社である日揮情報システムは2008年11月から,工事進行基準のルールを盛り込んだ予算管理ソフト「J+Project会計」の試験提供を開始する。ターゲット企業は,SI会社や建設会社,広告代理店など,請負型のプロジェクト案件を手がける中堅・中小企業。SI会社では売上高30億~数百億円程度を想定している。正式出荷はドキュメント類がそろう2009年1月の予定で,ライセンス価格は最小構。

ご指定のページは、平成30年4月の石油・天然ガス資源情報サイトリニューアルに伴いURL変更、または掲載期間が終了している場合があります。お手数ですが、トップページまたは、ページ下部のサイトマップからのアクセスをお願いいたします。ホームページに関するご意見・ご感想、ご質問、用語辞典に関するご質問・ご依頼などございましたら、メールまたはフォームよりお問い合わせください。お寄せいただきましたご意見等に関。

1 理事および技術理事の異動 (7 月 1 日付 ) 当社の理事および技術理事の異動をお知らせいたします 理事 就任 退任 氏名遠藤毅飯田十三野平啓二下大田隆弘藤田昭矢野宏明 役職名等 経営統括本部広報 IR 部長 法務 コンプライアンス統括室法務部長 オイル & ガス統括本部プロジェクトマネジメント本部プロジェクト部オイル & ガス統括本部アジア オセアニア事業本部イクシス事業部長 技術理事 就。

「海と産業革新コンベンション(うみコン2020)」は大盛況のうちに閉幕しました! ホイール名 SCHNEIDER SQ27シュナイダー SQ27 サイズ 17インチ 7.0J 5H P.C.D 114.3 インセット 38/48/5517インチ 7.0J 5H P.C.D 100 インセット 50■付属品 センターキャップ/エアバルブ カラー 。

 株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤 和弘、以下「ドコモ」)と日揮株式会社(代表取締役会長CEO:佐藤 雅之、以下「日揮」)は、石油精製や化学などの大規模プラントに対する設備点検や建設管理を対象として、ドローンやIoTなど新たなテクノロジーを活用した実証と事業創出に向けて検討を実施することに合意しましたので、以下の通りお知らせします。 国内の石油精製や化学プラントの多くが稼働開始から30年。

安藤建設が「Oracle NeO」を活用して会計システムを刷新 :

2007年2月14日安藤建設株式会社日揮情報システム株式会社日本オラクル株式会社富士通株式会社―営業、建設現場とバックオフィスを連携したシステムにより業務改革を実現―安藤建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田恒太郎、以下、安藤建設)と日揮情報システム株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:岩本紘武、以下、J-SYS)、日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新宅正明、以下、日本オラクル)、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒川博昭、以下、富士通)は、安藤建設が、オラクルの業務アプリケーション製品群「Oracle E-Business Suite」の短期導入ソリューション「Oracle NeO」の建設業界向けテンプレートと、富士通のUNIXサーバ「PRIMEPOWER(プライムパワー)」を活用して、会計システムを刷新し、このほど一定の効……

日揮情報システムとギャラクシー、建設業向けソリューションで協業

 ギャラクシー社は、土木中心の積算、原価管理、工事実績・技術者情報管理、機材管理、建設工程等のパッケージを展開している。今回の提携により、日揮情報、ギャラクシー、コアは、3社の商品を組み合わせ、顧客のニーズに対応していくとしている。原価管理に関しては、ギャラクシー、コアの両社はパッケージを保有しているが、今後はコアの「BEStPRO-原価」に一本化していくという。 ……

日本オラクル、中堅企業向けERP導入ソリューションを発表 IT

「Oracle Accelerate」とは、 同社パートナーが「Oracle Applications」の短期導入ソリューションを開発できるようにするためのプログラムで、このプログラムを活用することによりOracle Accelerateソリューションの開発や市場投入が可能となる。6つの新ソリューションは、新日鉄ソリューションズ、ジェクシードコンサルティング、日揮情報システム、Y.C.O.の各社により開発された。各ソリューションの概要は以下のとおり。・ハイテク業界向けソリューション「NSSRIM Financials(ハイテク業界向け)」 ・産業機械業界向けソリューション「NSSRIM Financials(産業機械業界向け)」 ・専門サービス業界向けソリューション「NSSRIM Financials(プロフェッショナルサービス業界向け)」 新日鉄ソリューションズが数多くの導入実績を……

Osaki Coolgen

A 30-minute ferry ride from the city of Takehara in Hiroshima, the Osaki CoolGen Project construction site lies on the scenic Inland Sea island of Osakikamijima, where local produce includes lemons, tangerines, and blueberries.Construction on an island not accessible by bridge required different arrangements than for ordinary construction on mainland Japan. For all 400 workers (including JGC perso……

日本オラクル、新しい中堅企業向けERP導入ソリューションを発表

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄)は、オラクルの業務アプリケーション製品群「Oracle Applications」の中堅企業向け短期導入ソリューションをパートナーが新たに6つ開発し、このたび提供開始することを発表します。 このたび新しく提供する「Oracle Applications」の中堅企業向けソリューションは、「Oracle Accelerate」を通じて各パートナーが開発したものです。パートナーは「Oracle Accelerate」の枠組みを活用して各業界特有に必要となる業務プロセスの雛型を事前に構築することで、中堅企業のシステム導入に最適な、短期かつ低コストなソリューションとして提供が可能になります。 世界では、40カ国18業界において200種類の「Oracle Accelerate」ソリューションが提供されています……

計測と制御 Vol.59. No.12 公益社団法人

 第5期科学技術基本計画において「超スマート社会(Society 5.0)」が提唱され,現在,産学を中心にさまざまな研究開発が進められている.そして,システム・情報部門における「スマーターワールドの実現を目指す新たなシステムズアプローチ調査研究会」では,新たなシステムズアプローチについて部門横断的な調査・研究が進められており,超スマート社会を構成するさまざまな異種の社会システムを抽象的なレベルでのシステムとしてとらえることを共有し,SoS(System of Systems)の新たな展開やアナリシス・アブダクション・シンセシスの循環による螺旋型システムズアプローチの考え方などが明らかになりつつある.さらに,ここで提案する新たなシステムズアプローチについて,電力エネルギーシステムや交通システムを対象とした課題解決への実展開の可能性についても検討が進められている.  そこで本特集号では,超ス……

東亜建設工業、基幹システムを刷新

 東亜建設工業は、建設業向け統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「J+ComFITs」と財務会計システム「Biz∫会計」でシステムを刷新する。日揮情報システム(J-SYS)が2月26日に発表した。新システムは2015年4月から稼働する予定となっている。 東亜建設工業で稼働している現行の基幹システムは2003年から稼働しており、10年以上が経過している。現行システムは、会計パッケージを中核に建設業向けノウハウを盛り込んだ。 現行の基幹システムは、J-SYSが東亜建設工業向けにスクラッチで開発。J-SYSが現在、建設業界向けに提供している基幹システムのリファレンスモデル「J-Stage」の原型となっている。 現行システムの稼働から2度目のサーバ更改となり、東亜建設工業は基幹システムの刷新を検討。環境変化の柔軟性や運用コスト削減などを目的にJ+ComFITsとBiz∫会計の採用を決めた。 パ……

日揮情報,工事進行基準盛り込んだプロジェクト管理ソフトを11月出荷

 日揮の100%子会社である日揮情報システムは2008年11月から,工事進行基準のルールを盛り込んだ予算管理ソフト「J+Project会計」の試験提供を開始する。ターゲット企業は,SI会社や建設会社,広告代理店など,請負型のプロジェクト案件を手がける中堅・中小企業。SI会社では売上高30億~数百億円程度を想定している。正式出荷はドキュメント類がそろう2009年1月の予定で,ライセンス価格は最小構成で200万円から。案件規模は最小構成で1500万円程度になるという。同社のほか,NTTデータ システムズが販売する。  受託ソフト開発では原則として,2009年4月以降に始まる事業年度から,工事進行基準が適用になる。「J+Project会計」は,そこで必要になる「プロジェクト収益総額」「原価総額」「進捗度」を把握できるようにする。見積もり段階から入金にいたるまで,実績予算や出来高,作業工数など……

お探しのページは見つかりませんでした JOGMEC

ご指定のページは、平成30年4月の石油・天然ガス資源情報サイトリニューアルに伴いURL変更、または掲載期間が終了している場合があります。お手数ですが、トップページまたは、ページ下部のサイトマップからのアクセスをお願いいたします。ホームページに関するご意見・ご感想、ご質問、用語辞典に関するご質問・ご依頼などございましたら、メールまたはフォームよりお問い合わせください。お寄せいただきましたご意見等に関してましては、今後の機構業務およびホームページに有効に活用させていただきます。ご要望には可能な限り対応させていただきますが、すべてのご要望にお応えできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。……

機構改革および人事異動のお知らせ 日揮株式会社 (JGC CORPORATION)( 代表取締役会長 : 佐藤雅之 横浜本社 : 横浜市西区みなとみらい 2 3 1) は 本年 7 月 1 日付で機構

1 理事および技術理事の異動 (7 月 1 日付 ) 当社の理事および技術理事の異動をお知らせいたします 理事 就任 退任 氏名遠藤毅飯田十三野平啓二下大田隆弘藤田昭矢野宏明 役職名等 経営統括本部広報 IR 部長 法務 コンプライアンス統括室法務部長 オイル & ガス統括本部プロジェクトマネジメント本部プロジェクト部オイル & ガス統括本部アジア オセアニア事業本部イクシス事業部長 技術理事 就任 退任 氏名渡邉哲哉金子幸雄今村孝唐澤俊之山岸正石崎裕幸利根睦人穴田信二大森英史本山健一溝口睦彦安岡正幸 役職名等 インフラ統括本部技術イノベーション本部長代行 オイル & ガス統括本部プロジェクトマネジメント本部プロジェクト部インフラ統括本部国内インフラプロジェクト本部本部長スタッフ プロセステクノロジー本部本部長スタッフ 執行役員に就任 執行役員に就任 執行役員に就任 1/92 機構改革およ……

MAXX DUNLOP WM02 ダンロップ 225/50R17 225/50R17 94Q WINTER WM02 02 02 02 ウインターマックス SQ27 SCHNEIDER SQ27 シュ

「海と産業革新コンベンション(うみコン2020)」は大盛況のうちに閉幕しました! ホイール名 SCHNEIDER SQ27シュナイダー SQ27 サイズ 17インチ 7.0J 5H P.C.D 114.3 インセット 38/48/5517インチ 7.0J 5H P.C.D 100 インセット 50■付属品 センターキャップ/エアバルブ カラー メタリックブラック なお、来年の企画は現在検討中です。 決まり次第、ホームページ等でご案内いたします。 【担当】 海洋都市横浜うみ協議会 事務局 (横浜市政策局政策課内) e-mail: ss-kaiyotoshi@city.yokohama.lg.jp tel :045-671-3206 最新の技術や情報を共有・融合し、海洋産業の振興・活性化につなげるため、 研究やビジネスに携わる人が、一……

【愛用 】のStage タイヤホイールセット エコステージ 95H ジーティー Goodyear GT Eco スタッドレスタイヤホイールセット E03 E03 Stage Exceeder 215/

ホイール名 Exceeder E03エクシーダー E03 サイズ 16インチ 6.5J 5H P.C.D 114.3 インセット 38/48/5316インチ 6.5J 5H P.C.D 100 インセット 4816インチ 6.5J 5H P.C.D 114.3 インセット 36【トヨタ純正アルミホイール専用】■付属品 センターキャップ・エアバルブ カラー ダークシルバー ……

株式会社MILIZEは取引先の最新情報をダッシュボードで照会する「クレジットモニターシステム」を日揮グローバル株式会社に提供。

「クレジットモニターシステム」の特徴1.必要情報の自動収集・取引先の財務情報、企業情報、最新ニュース2.業務を想定したユーザーインターフェース・収集した情報をダッシュボード形式で表示し、グラフや一覧で可視化して情報を展開することにより企業分析がし易いシステムを提供します。・取引先の財務や、成長戦略に関わる情報を見たい分類で照会可能です。・同業企業間での財務比較が可能です。*Tableau(タブロー)を利用します。データを簡単な操作で可視化し、誰もが理解しやすい形で分析ができるBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。2003年設立の米シアトルのソフトウェア会社Tableau Softwareの製品です。事業内容:・AIを活用した運用商品開発や相場動向分析システム等の開発及び販売・AIや金融工学を用いた運用方法、リスク管理、予兆管理などの研究開発・AIを活用した統合ライフシミュレータ「MI……

日本オラクル、中堅企業向けERP導入ソリューションを発表 IT

「Oracle Accelerate」とは、 同社パートナーが「Oracle Applications」の短期導入ソリューションを開発できるようにするためのプログラムで、このプログラムを活用することによりOracle Accelerateソリューションの開発や市場投入が可能となる。6つの新ソリューションは、新日鉄ソリューションズ、ジェクシードコンサルティング、日揮情報システム、Y.C.O.の各社により開発された。各ソリューションの概要は以下のとおり。・ハイテク業界向けソリューション「NSSRIM Financials(ハイテク業界向け)」 ・産業機械業界向けソリューション「NSSRIM Financials(産業機械業界向け)」 ・専門サービス業界向けソリューション「NSSRIM Financials(プロフェッショナルサービス業界向け)」 新日鉄ソリューションズが数多くの導入実績を……

日揮情報システムとギャラクシー、建設業向けソリューションで協業

 ギャラクシー社は、土木中心の積算、原価管理、工事実績・技術者情報管理、機材管理、建設工程等のパッケージを展開している。今回の提携により、日揮情報、ギャラクシー、コアは、3社の商品を組み合わせ、顧客のニーズに対応していくとしている。原価管理に関しては、ギャラクシー、コアの両社はパッケージを保有しているが、今後はコアの「BEStPRO-原価」に一本化していくという。 ……

Osaki Coolgen

A 30-minute ferry ride from the city of Takehara in Hiroshima, the Osaki CoolGen Project construction site lies on the scenic Inland Sea island of Osakikamijima, where local produce includes lemons, tangerines, and blueberries.Construction on an island not accessible by bridge required different arrangements than for ordinary construction on mainland Japan. For all 400 workers (including JGC perso……

Construction EPC Business JGC HOLDINGS

As upstream process design and procurement functions reach their peak, preparations are made for a smooth launch of construction work at the site. Sometimes existing rivers or ponds are relocated while simultaneously the construction site is prepared as environmental protection measures are taken, existing structures are removed and the foundation improved, and the construction camp is set up to r……

計測と制御 Vol.59. No.12 公益社団法人

 第5期科学技術基本計画において「超スマート社会(Society 5.0)」が提唱され,現在,産学を中心にさまざまな研究開発が進められている.そして,システム・情報部門における「スマーターワールドの実現を目指す新たなシステムズアプローチ調査研究会」では,新たなシステムズアプローチについて部門横断的な調査・研究が進められており,超スマート社会を構成するさまざまな異種の社会システムを抽象的なレベルでのシステムとしてとらえることを共有し,SoS(System of Systems)の新たな展開やアナリシス・アブダクション・シンセシスの循環による螺旋型システムズアプローチの考え方などが明らかになりつつある.さらに,ここで提案する新たなシステムズアプローチについて,電力エネルギーシステムや交通システムを対象とした課題解決への実展開の可能性についても検討が進められている.  そこで本特集号では,超ス……

東亜建設工業、基幹システムを刷新

 東亜建設工業は、建設業向け統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「J+ComFITs」と財務会計システム「Biz∫会計」でシステムを刷新する。日揮情報システム(J-SYS)が2月26日に発表した。新システムは2015年4月から稼働する予定となっている。 東亜建設工業で稼働している現行の基幹システムは2003年から稼働しており、10年以上が経過している。現行システムは、会計パッケージを中核に建設業向けノウハウを盛り込んだ。 現行の基幹システムは、J-SYSが東亜建設工業向けにスクラッチで開発。J-SYSが現在、建設業界向けに提供している基幹システムのリファレンスモデル「J-Stage」の原型となっている。 現行システムの稼働から2度目のサーバ更改となり、東亜建設工業は基幹システムの刷新を検討。環境変化の柔軟性や運用コスト削減などを目的にJ+ComFITsとBiz∫会計の採用を決めた。 パ……

日揮情報,工事進行基準盛り込んだプロジェクト管理ソフトを11月出荷

 日揮の100%子会社である日揮情報システムは2008年11月から,工事進行基準のルールを盛り込んだ予算管理ソフト「J+Project会計」の試験提供を開始する。ターゲット企業は,SI会社や建設会社,広告代理店など,請負型のプロジェクト案件を手がける中堅・中小企業。SI会社では売上高30億~数百億円程度を想定している。正式出荷はドキュメント類がそろう2009年1月の予定で,ライセンス価格は最小構成で200万円から。案件規模は最小構成で1500万円程度になるという。同社のほか,NTTデータ システムズが販売する。  受託ソフト開発では原則として,2009年4月以降に始まる事業年度から,工事進行基準が適用になる。「J+Project会計」は,そこで必要になる「プロジェクト収益総額」「原価総額」「進捗度」を把握できるようにする。見積もり段階から入金にいたるまで,実績予算や出来高,作業工数など……

お探しのページは見つかりませんでした JOGMEC

ご指定のページは、平成30年4月の石油・天然ガス資源情報サイトリニューアルに伴いURL変更、または掲載期間が終了している場合があります。お手数ですが、トップページまたは、ページ下部のサイトマップからのアクセスをお願いいたします。ホームページに関するご意見・ご感想、ご質問、用語辞典に関するご質問・ご依頼などございましたら、メールまたはフォームよりお問い合わせください。お寄せいただきましたご意見等に関してましては、今後の機構業務およびホームページに有効に活用させていただきます。ご要望には可能な限り対応させていただきますが、すべてのご要望にお応えできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。……

機構改革および人事異動のお知らせ 日揮株式会社 (JGC CORPORATION)( 代表取締役会長 : 佐藤雅之 横浜本社 : 横浜市西区みなとみらい 2 3 1) は 本年 7 月 1 日付で機構

1 理事および技術理事の異動 (7 月 1 日付 ) 当社の理事および技術理事の異動をお知らせいたします 理事 就任 退任 氏名遠藤毅飯田十三野平啓二下大田隆弘藤田昭矢野宏明 役職名等 経営統括本部広報 IR 部長 法務 コンプライアンス統括室法務部長 オイル & ガス統括本部プロジェクトマネジメント本部プロジェクト部オイル & ガス統括本部アジア オセアニア事業本部イクシス事業部長 技術理事 就任 退任 氏名渡邉哲哉金子幸雄今村孝唐澤俊之山岸正石崎裕幸利根睦人穴田信二大森英史本山健一溝口睦彦安岡正幸 役職名等 インフラ統括本部技術イノベーション本部長代行 オイル & ガス統括本部プロジェクトマネジメント本部プロジェクト部インフラ統括本部国内インフラプロジェクト本部本部長スタッフ プロセステクノロジー本部本部長スタッフ 執行役員に就任 執行役員に就任 執行役員に就任 1/92 機構改革およ……

MAXX DUNLOP WM02 ダンロップ 225/50R17 225/50R17 94Q WINTER WM02 02 02 02 ウインターマックス SQ27 SCHNEIDER SQ27 シュ

「海と産業革新コンベンション(うみコン2020)」は大盛況のうちに閉幕しました! ホイール名 SCHNEIDER SQ27シュナイダー SQ27 サイズ 17インチ 7.0J 5H P.C.D 114.3 インセット 38/48/5517インチ 7.0J 5H P.C.D 100 インセット 50■付属品 センターキャップ/エアバルブ カラー メタリックブラック なお、来年の企画は現在検討中です。 決まり次第、ホームページ等でご案内いたします。 【担当】 海洋都市横浜うみ協議会 事務局 (横浜市政策局政策課内) e-mail: ss-kaiyotoshi@city.yokohama.lg.jp tel :045-671-3206 最新の技術や情報を共有・融合し、海洋産業の振興・活性化につなげるため、 研究やビジネスに携わる人が、一……

ドコモと日揮がプラント設備点検・建設管理の安全性向上・コスト削減に向けた実証の検討を開始 –

 株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤 和弘、以下「ドコモ」)と日揮株式会社(代表取締役会長CEO:佐藤 雅之、以下「日揮」)は、石油精製や化学などの大規模プラントに対する設備点検や建設管理を対象として、ドローンやIoTなど新たなテクノロジーを活用した実証と事業創出に向けて検討を実施することに合意しましたので、以下の通りお知らせします。 国内の石油精製や化学プラントの多くが稼働開始から30年以上経過し、保守点検の需要が高まる中、点検にかかるコストや、高所設備における点検員の安全確保が課題になっています。 また大規模プラント建設においては、工事の品質や進捗を管理するうえで現場監督者と本部との情報共有が重要になりますが、海外の大規模建設プロジェクトなどでは、工事進捗情報の精査や管理が煩雑になることから効率化やデジタル化が求められています。ドコモと日揮は両社のアセット・ノウハウを活用して、……

平均ユーザー評価

4.7 / 5

カテゴリ